アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

間取りを見る

土地所有者が当該地を長期的に使用する予定がない時には不動産の有効活用を図ることになります。
売却を考えていないのであれば、賃貸での活用を考えます。立地により、テナントや賃借人の顔が変わるというポイントも抑えておきましょう。
交通量の多い道路沿いであれば、店舗等の商業施設を検討しても良いでしょうし、郊外であれば賃貸マンションやアパートを計画します。

初期投資については土地を担保とした金融機関からの借り入れを選定とします。
しかしながら、商業施設やオフィスの場合は多額の敷金や保証金が受領できるので、借入計画を策定する際にはその分を見込んでおく必要があります。
ただし、入京するテナントがすぐには見つからないというリスクもあるので、その場合は金融機関からつなぎ資金を借り入れられるように契約に盛り込んでおくと安心です。
アパートやマンションの場合は敷金や保証金は一、二か月ですので、この分は見込まないで、初期投資は全額自己資金と金融機関の融資で賄えるようにします。

短期的な賃貸借

土地所有者が当該地をいずれ何らかの目的で使用する予定がある場合には、不動産の短期的な活用を図ることになります。
短期的な目的となると、賃貸できる用途も限られてきます。
いつでも解約ができることで考えると立地にもよりますが、駐車場が現実的となります。
あまり手を入れないで貸すことも可能ですが、駐車場管理会社に一括で貸し出すのが手間がかからず便利です。
ここに契約を銭司、管理会社と一括で契約すれば済みますので、使用する予定の時まで定期借地契約を結ぶことになります。
駅に近ければ今はやりの駐輪場でも同様なことができます。
人通りの多い道路沿いであれば、仮設建物を建設して、店舗として賃貸することも可能です。
店舗にするためには、駐車場が必要ですので、それだけのスペースがなくてはいけません。
もし、駐車スペースが不足してしまうのであれば簡易事務所としての使用を検討します。
建設工事現場の事務所やマンション販売所などの用途にすることができます。

オススメリンク

壁に傷をつける

サポート会社

しかし、そう簡単にはいかないものです。ハイリターンは期待できますが、それはあくまでも期待です。それ以…Read more
物件を紹介する

有効活用には

土地を持っていても、そのまま放置していたのでは、あまり意味がないことになってしまいます。意味がないど…Read more

関連リンク